回想法の友

かいそうほう・の・とも
kaisouhou no tomo
http://kaisouhou.net



「回想法のための写真集」を中心に紹介しているサイトです。

思い出はみんなの宝
回想法のための写真集
写真集 全10巻+別巻2

現場で使いやすいバインダー方式

監修=野村豊子 岩手県立大学教授 現・東洋大学ライフデザイン学部教授 協力=昭和館

●仕様
【本巻】
写真集全10巻
写真シート・解説シート
判型:A4判 製本様式:バインダー式
各巻ページ数:188ページ 写真シート:80シート 写真解説:12シート

【別巻1】
活用法と記録シート
第1部 回想法とその活用法 回想法と写真の有効性 活用のための指針
第2部 記録シートの作り方 作成上の注意点 記録シートの記入例
付) いろいろな記録シートの台紙
判型:A4判 製本様式:バインダー式
ページ数:24シート、48ページ

【別巻2】
写真解説・総集編
全巻総目次
全巻収録写真の解説(写真1点ずつの詳しいデータと解説。各写真の画像付き)
判型:A4判 製本様式:上製本、クロス表紙
ページ数:176ページ

グループセッションに効果的な回想法写真集
回想法・・・・・・・思い出を手がかりに自信と誇り、生きる喜びを取り戻す


実物大のカタログをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください

第1巻 苦しかった戦時 【回想法のための写真集】
防空演習、空襲警報、竹槍演習、慰問袋、千人針、召集令状、出征風景、学童疎開、空襲、配給、食料難
第2巻 がんばった復興・乗り越えた災害 【回想法のための写真集】
米軍占領、戦災、焼け跡、引揚げ船、ヤミ市、買出し、台風、洪水、災害、東京オリンピック、皇太子ご成婚
第3巻 たのしかった遊び 【回想法のための写真集】
めんこ、ベーゴマ、お手玉、かくれんぼ、人形遊び、水遊び、チャンバラ、なわとび、おりがみ、紙芝居、かけっこ
第4巻 思い出ふかい学び 【回想法のための写真集】
学校、教室風景、学童服、学童疎開、御真影、勤労動員、朝礼、フォークダンス、運動会、学芸会、騎馬戦
第5巻 なつかしい乗りもの 【回想法のための写真集】
電車、汽車、都電、地下鉄、バス、リンタク、タクシー、オートバイ、自転車、三輪車、馬車、駅舎、木炭自動車
第6巻 一生懸命に働いた 【回想法のための写真集】
農耕、漁業、林業、町工場、大工、道路工事、炭坑、ダム、工芸、サラリーマン、運転手、酪農
第7巻 忙しい合間の娯楽 【回想法のための写真集】
映画、芝居、演劇、演芸、流行歌、野球、相撲、繁華街、競馬、パチンコ、サーカス、ミス・コンテスト
第8巻 よみがえる暮らし 【回想法のための写真集】
戦時下の暮らし・戦後の暮らし、家族、食事、育児、結婚式、服装、住まい、引き売り、市、商店街、デパート
第9巻 にぎやかだった祭り 【回想法のための写真集】
各地の芸能、初詣、節分、ひな祭り、端午の節句、盆踊り、花火大会、寺社、収穫祭、山車、夜店、門前市
第10巻 思い出のつまった道具 【回想法のための写真集】
食卓、ドラムカン風呂、タンス、行李、かまど、七輪、火鉢、耕運機、ラジオ、テレビ、洗濯機、傘、下駄

写真による回想法で心の活性化を
ケアの現場で最大の成果があがる
いつもいきいきと元気なおじいさん、にこにこおだやかなおばあさん、ちょっとおこりっぽいおじいさん、だまって遠くをみつめているおばあさん・・・・・・。いろいろな表情をみせる高齢者たちは、昭和という波乱の時代を生きてきました。そして生きてきた証しとしての思いでは、一人ひとりの胸の中にしまい込まれています。回想法とは、この記憶を掘り起こし、共感しあう人間の輪のなかへ解き放っていこうという新しい考え方です。《思い出》を手がかりに自信と誇り、生きる意欲を取り戻し、感情の豊かな生活を作り出していく新しい考え方《回想法》は、各地で大きな成果を上げながら、ひろまっています。
写真による回想法の提案
回想法を有効に活用するために、なにが必要なのでしょうか。これまでにも〈懐かしい歌〉や〈むかしの映像〉〈懐かしい写真〉〈道具や小物〉などが、回想法の材料として試みられてきました。
その中で、とくに〈懐かしい写真〉のもつ有効性が明らかになってきています。《懐かしい写真》は、配られた写真を一人ひとりが手元におくことによって、思い出をたどる時間を、自分のリズムで十分にとることができます。歌や映像がおよぼす心の高揚が、ともすれば歌っている間、見ている間だけに終わってしまうのに対して、《懐かしい写真》が回想法の道具としてすぐれている第一の理由がここにあります。
思い出を共有して活発な人間関係をひらく
また写真は、人びとの服装や写り込んだ背景など時代の風やにおいを伝えています。それが見る人に時代に共通な思い出として共感され、共有される力が働きます。
自分だけの思い出としてしまい込んでいた記憶が、写真を媒介として人に共感されるとき、はじめて自分の人生に自信と誇りをもつことができ、人との交流、生き生きとした人間関係に道が開かれます。全国各地の写真を収集
現在の日本では、全国どこでも同じ歌がうたわれ、同じ服装がまとわれていますが、昭和の前半期までは、生活のすべての面で地方色や文化の違い、生活様式の違いがありました。とくに戦前には、外地と呼ばれた満州や朝鮮で少年時代や青年時代を過ごした人も大勢いました。
それぞれの人の思い出を大切にしようという思いから、写真収集に当っては、できるかぎりひろく集めるようにつとめました。
使いやすさを追求したバインダー方式
一人を対象とする個人セッションでも、複数のメンバーが参加するグループ・セッションの場合でも、参加する高齢者一人ひとりの経歴やこだわりにあわせて写真を選択できるように、写真を抜き出しやすいバインダー方式にしました。また、参加するメンバーに応じて、テーマを選び、写真を選べるように、テーマ別に巻別構成をしてあります。

思い出はみんなの宝『回想法のための写真集』ご案内
看護・介護・社会福祉を学ぶ若い世代の方々へ拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。のためのまた平素より格別なるご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて本日は、思い出を手がかりに自信と誇り、生きる喜びを取り戻す回想法写真集のご案内を申し上げます。 今、注目の《回想法》。高齢者とのコミュニケーションの場で、《回想法》は避けては通れません。
しかし、わかっているようでいざ実施するとなると戸惑うことがあります。
その一つに、お年寄りの考えていることが、なかなか理解できないことが挙げられます。
特に若い人には理解しにくいことが多いのではないかと思います。核家族化・少子化が進み、お年寄りと話をしたことのない人たちが増えています。
そのため、お年寄りの体験談を聞いたことがない、または、聞いてもその生活の基礎となった時代背景を理解できないことで、個々のお年寄りがアイデンティティーを確立していった生活内容も理解できないということが大きく影響しています。
 このたびの野村豊子先生監修『回想法のための写真集』は永年にわたり、関係各位の方々より熱き期待と要望がございました。たった一枚の写真が思い出と共にその方の人生の中で甦り、生きてきた証を感じ、生きる喜びに繋がっていくのです。
 看護・介護・社会福祉を学ぶ若い世代の方々に、是非知って頂きたい内容になっています。
 その時代を生きてきた人々の背景を再認識することは、高齢者介護に関わっている多くの方々に参考になるものと確信しています
。 詳細な資料をお送りいたしますのでぜひこの機会にお揃えくださいますよう、ご検討の程よろしくお願い申し上げます。    敬具

回想法のための写真集関連商品の続きは、こちらをクリック